IMG_0186

ガンカモ目/ガンカモ科のキンクロハジロのオスです。漢字では金黒羽白と書きます。キンクロハジロはユーラシア大陸の広い範囲で棲息・繁殖しています。冬期には避寒のため、冬鳥として日本に多数が群れを作って飛来します。

キンクロハジロの雄の羽装は顔と体が黒く、翼が白色です。頭に長くて黒い冠羽があり、黄色の虹彩と共に印象的です。

この個体は長い時間盛んに羽の手入れを続けており、大変努力家ですね。

千葉県市川市の葛西臨海公園にて撮影。

画像
こちらはキンクロハジロのメスです。オスにくらべて全体に黒褐色が強く、嘴の基部に白い班がある個体もいる。日本には晩秋のころに冬鳥として渡ってきます。越冬は海ではなく湖沼とか川や池で生活する淡水鴨のグループです。エサは水中に潜って貝、小魚をときに水草も食べるようです。

 

画像
キンクロハジロのオスです。オスの成鳥は脇と腹が黒く、その他は黒い。頭部は紫色の光沢があり、後頭部には長い冠羽があるのが特徴です。嘴は灰青色で、先端の黒色部は嘴爪の周りにひろがっている。そして金色の目、黒いからだに白い翼の海鴨です。日本には主に冬鳥として多数が渡来する。

画像
キンクロハジロの♀です。オスに比して全体に褐色が強い。繁殖はユーラシア大陸の亜寒帯地方で広く繁殖しているそうである。           東京上野の不忍の池にて撮影。。

 

 

画像
キンクロハジロのオスです。  東京・上野公園不忍池にて

ガンカモ目/ガンカモ科のキンクロハジロのオス
です。金色の目、黒と白のカモ類です。日本には冬鳥として多数が渡来する。

こちらはメスのキンクロハジロで羽装は褐色で冠羽はオスよりも短いですね。

飛び立つとオス、メスともに白い翼帯が大きく目立ちます。


にほんブログ村