オシドリ
  ガンカモ目/ガンカモ科のオシドリです。漢字は鴛鴦です。オシドリは中国東北部からウスリー、サハリンなどで棲息・繁殖しています。この地域のグループが日本に冬鳥として渡来する。日本国内でも北海道から沖縄の各地で棲息し、繁殖している個体もあります。やはり冬季には暖かい地域に移動するグループもあるようです。
千葉県佐倉市の美術館の庭園内の公園で撮影。
画像

オシドリのオスです。大きな橙色の尾羽はイチョウ羽とよばれ、特徴があります。嘴は赤く、さきが黄白色で大変綺麗です。

画像

オシドリのメスです。羽装はほぼ全身が灰褐色で、嘴は赤みを帯びた黒色です。胸から脇、腹にかけて灰白色の班紋が見られます。目には白いアイリングがあり、眼の後方に白色線として伸びています。

IMG_9917  奥のオスは頭に冠羽があり、顔は白く 首に栗色の筋状の羽、胸は紫色で脇は黄褐色です。嘴は紅色で先端は白く綺麗でした。

IMG_9919  手前のメスは ほぼ全身が灰褐色で、嘴は赤みを帯びている。また、胸から脇、腹にかけて灰白色の斑紋が特徴的です。白いアイリングがあり、目の後方に白色の線が伸びています。オシドリの巣は地上につくり目立つので抱卵するメスは地味なのでしょうか。奥はオス成鳥です。

 

千葉県佐倉市の川村美術館庭園の池にて

IMG_9938

オシドリのメスです。

千葉県の美術館の池で撮影。

 


にほんブログ村