オナガガモ:ガンカモ目/ガンカモ科

オナガガモ
 ガンカモ目/ガンカモ科のオナガガモです。漢字では尾長鴨と書きます。他のカモ類より体、頸、尾が長いのが特徴です。オナガガモ雄成鳥の羽装は頭部から頸の後ろは黒褐色、頸の前から胸は白です。腹部は灰色、腰には帯状の黄色い部分がみられます。そして首の横から首の後ろにかけて線状の白い部分が顔の輪郭のように見えます。スマートの表現がピタリの鴨です。
              千葉県佐倉市の高崎川に渡ってきました。
オナガガモ
  オナガガモのメスです。頭部は褐色で頭部以外では背や尾、脇腹の茶色の羽毛がそれぞれに淡い黄土色で縁取りされています。そのグラデーションが綺麗です。
画像

オナガガモのペアが食後でしょうか休憩中です。こうしたペアで行動する様子は良く見かけます。

千葉県我孫子市の親水公園にて撮影。

画像

オナガガモのオスです。頸と尾が長いですね。

千葉県谷津干潟にて。

画像

メスのオナガガモです。背や腹部の茶色の羽には淡い黄土色の縁取りがされていてグラデーションが綺麗です。

:                    千葉県谷津干潟にて。

画像

オナガガモです。頸や尾が長くてスマートですね。

千葉県稲毛海岸にて撮影

画像

長い尾と長い首で優雅に泳ぐオナガガモのオスです。千葉県谷津干潟にて。

画像

オナガガモのペアです。手前がオス、後がメスのオナガガモです。

IMG_1590

尾と首が長く、嘴が黒いオナガガモです。日本には冬鳥として晩秋に飛来します。これから北帰行の時期になります。

千葉県我孫子市にて。

 

オスのオナガガモです。長い首と長い尾の淡水性のカモです。ユーラシアと

北米大陸に棲息・繁殖しています。日本には晩秋の時期に冬鳥として飛来します。

首から胸にかけては純白で正装しているようなオスのオナガガモです。

オナガガモのペアが池の淵で静かにくつろいでいました。

ガンカモ目/ガンカモ科のオナガガモです。長い尾と長めの首がスマートです。日本には冬鳥として渡来して、暖かくなった今頃は北の国へ帰ります。

北帰行ですね。

こちらはオスのオナガガモです。千葉県・谷津干潟にて。

後ろにいるのがメスのオナガガモです。他のカモ類より首と尾が長く、嘴も黒いのでスマートに見えます。

 

以上、オナガガモ:ガンカモ目/ガンカモ科、でした。
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. 光のプーさん

    鳥の羽って、ホントに綺麗なんですね。オスはもちろんですが、メスも作りもののようです。でもやっぱりオスの尾っぽ・・ピーンとして凛々しいですね。

  2. 光のプーさん、こんにちわ。
    鳥の羽はそれぞれに綺麗ですが、
    先祖が恐竜だそうですが、
    想像もつきませんね。
    またよろしくどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PVアクセスランキング にほんブログ村