シロハラ:スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科

シロハラ
 スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科のシロハラです。漢字では白腹と書きます。シロハラの世界における分布はウスリー地方の広い範囲で棲息・繁殖しています。日本には冬鳥として暖かい地域に渡来して越冬します。早春の候になると北の棲息地へ帰ります。雌雄の羽装はほぼ同色で、オスの成鳥は頭部から喉は灰色です。頸の後ろから背、肩は淡茶褐色で地味な羽装です。腹部はシロハラの名のとおり白い配色です。  :千葉県成田市で撮影。
画像

公園の林でエサを探しをするメスのシロハラです。オスの羽装に比べて色調は淡い感があります。また、嘴と脚そしてアイリングはきいろです。枯葉や土の下から昆虫やミミズを見つけて食べます。

千葉県佐倉市にて。

IMG_5052

シロハラは冬期以外はロシアのウスリー地域で棲息・繁殖していますが日本には冬鳥として渡って来て越冬します。3月になるとソロソロ北帰行の時期です。林などの地上で落ち葉の下から昆虫・ミミズなどを見つけて食べるようです。その他に木の実も食べています。

スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科のシロハラです。ツグミの仲間でウスリュー地方で繁殖して、日本には冬鳥として渡来します。雌雄ほぼ同色。アイリングは黄色。嘴は黒く、下嘴や基部は黄色。腹中央から下尾筒は名前のとおり白っぽいところがみえます。

よく茂った林が好みのようで開けた野原には少ないようです。採食は

地上の落ち葉の下からミミズや昆虫などを見つけてたべているようです。

林から平地には出てこないで生活しています。警戒心が強いのかも。

木の先にとまって「キョツ、キョツ」とか「キイチョロリー」などとさえずりながらこちらのレンズを覗いて興味津々というところです。腹部の白いのが良く観察できました。体の大きさは体長:25 ㎝、翼巾:39㎝ありましてツグミと同じくらいの大きさです。                    千葉県四街道市にて

以上、シロハラ:スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科、でした。
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

1 Comment

  1. 光のプーさん

    温かい感じのする写真ですね。色合いもそうですが、顔の表情がやさしいですね・・・
    木の芽吹きが、春を待つ感じでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PVアクセスランキング にほんブログ村