アカハラ:スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科

アカハラ
          スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科のアカハラです。漢字では赤腹と書きます。オスの成鳥は頭から背、尾までの上面と翼が暗いオリーブ色で、顔と喉は黒っぽい色調です。胸の下部から腹にかけてはオレンジ色でアカハラという名前の由来でしょうか。腹の中央から尾の下側は白色が見られます。:
落葉樹の林で出会ったアカハラは地鳴きの「クワッ」と鳴いてこちらを観察しています。
                     千葉県成田市にて

IMG_2252

アカハラです。胸と脇腹のオレンジ色が特徴で名前の由来でもあるツグミの仲間です。日本に冬鳥として渡来し、春になると山地や北へ渡って行くようです。明るい林のような環境が好みのようです。地上に降りて昆虫や木の実などを餌にしています。

IMG_9951

ツグミの仲間(スズメ目・ヒタキ科・ツグミ亜科)のアカハラです。嘴とアイリングは黄色です。アカハラは冬期以外の季節には本州の中部以北の山地で生活・繁殖しています。冬期になると避寒のため暖かい平地に移動してきますので関東地域でもよく見かけます。

 

千葉県佐倉市にて撮影

こちらはスズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科のアカハラです。文字通り

脇腹が赤橙色をしています。雄の成鳥は頭から背、尾までの上面と翼そ

して顔と喉は暗いオリーブ褐色で顔と喉は黒っぽい感じです。雌の成鳥はオスの羽装にくらべてやや淡い色調です。

アカハラが雑木林のなかで木の枝に止まって「キョロン キョロン ツイー」とさえずっています。明るい林や木がまばらに生えた環境を好みます。多くはつがいで縄張りをもち、本州中部から北の山地で繁殖している。そして冬期になると暖かい地域に移動して、また春になると山地に移動します。大きさはツグミと同じくらいです。で                                                     千葉県佐倉市にて

以上、アカハラ:スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科、でした。
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

1 Comment

  1. 光のプーさん

    寒さにジッとこらえている雰囲気かな~枝にギュッと摑まり春を待つ感じですかね   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PVアクセスランキング にほんブログ村