スズメ目/ホオジロ科のミヤマホオジロです。漢字で深山頬白と書きます。

こちらはミヤマホオジロのオスです。眉と喉が鮮やかな黄色です。冠羽の色彩も黒と黄色で目立ちます。ミヤマホオジロの分布は朝鮮半島、中国東北部からウスリーにかけての地域と中国の西部で棲息し繁殖しています。日本には晩秋に避寒のために冬鳥として渡来します。そして暖かくなる早春には北帰行しているようです。体長は16㎝、翼幅は21㎝と小さな体で日本海を超えて飛来するようです。

茨城県つくば市の筑波山中腹で撮影。

 

林の落ち葉の上を跳ねるように歩き回ってたで科などの草の種や松の実などをが餌になるようです。

ミヤマホウジロのメスです。羽装はオスに比べて地味で茶褐色が主体です。枯れ葉の下から草の種でしょうか見つけて食べていました。

茨城県つくば市にて撮影。

ミヤマホオジロのオスです。黒と黄色の冠羽が目立ちます。日本には

冬鳥として中国、朝鮮半島から渡来して春早くに北帰行するようです。

茨城県つくば市で撮影。

オスのミヤマホオジロです。正面から見ると喉と眉の黄色が鮮やかに見えます。胸の黒も腹の白と対比して鮮やかです。

茨城県つくば市で撮影。

こちらはメスのミヤマホオジロです。冠羽が見られますが地味です。

スズメ目/ホオジロ科のミヤマホオジロのオスです。朝鮮半島、中国の東北部、ウスリー及び中国西部で繁殖する。日本には冬越しのために晩秋に渡来する。オスの成鳥は頭頂と顔、胸が黒い。頭頂は冠羽である。

こちらもオスですが喉は黄色。眉班は中央は黄色でその前後は白い。胸から

下の腹は白色でカラフルである。大きさは L:16㎝ W:21㎝とほぼスズメ大である。枯れ葉の下から草の種子を見つけてお食事中のようです。    こちらはメスのミヤマホオジロです。眉班は淡く、喉は淡黄褐色。

耳羽は褐色で、胸は淡褐色。全体に地味ですね。            東日本では珍しく茨城県つくば市の山地にて。