ノスリ:ワシタカ目/ワシタカ科

ノスリ
ワシタカ目/ワシタカ科のノスリです。漢字では鵟とかきます。山野や平地の林に棲息して、林の近くの開けた場所で狩りをすることが多い。カエル、ヘビ、昆虫、小鳥などを餌にしている。野原で低空飛行することから野原の上を擦るように飛ぶ鳥ということでノスリと呼ばれているのでしょうか。
道路の電信柱にとまっていましたが、突然の風に反応して飛びたったところで、こちらを警戒して睨んでいるようですね。
                     熊本県阿蘇の外輪にて撮影。

 

ノスリ
 ノスリは日本で比較的多く見られるタカ類で北海道から四国の間では繁殖しているので留鳥になります。漢字では鵟と書きます。食事の時間なのか草原から飛びたつノスリを撮影できました。力強く羽ばたく様子は迫力がありました。
                       千葉県佐倉市にて撮影。
画像

飛翔中のノスリです。ノスリは日本国内では大きなタカ類の仲間になります。オスは体長52㎝、両翼の幅は122~137㎝と立派な体格をしております。飛翔時には眼光が鋭く周囲を見渡しておりました。

                        千葉県佐倉市で撮影。

画像

冬の水田で給水バルブにとまってエサを探しているのか、休憩中なのか。

冬毛でしょうかふっくらしたノスリです。千葉県銚子市にて撮影。

画像

飛翔中のノスリです。翼の両端が黒い班が見られました。翼の黒斑が飛翔時のノスリか他のタカ類かの見分けのポイントです。

 

千葉県銚子市で撮影。

 

 

水田地帯の電柱で休憩するノスリ。黒目がかわいらしくみえますがこれが特徴です。
               千葉県旭市にて撮影。

 

 

画像

電柱から飛び立つノスリ。

 

 

画像

稲刈りの終わった水田で休憩中のノスリ。千葉県佐倉市にて撮影。

 

 

画像

電柱の上で水田を見渡しているノスリ。千葉県旭市にて。

 

IMG_7821

稲刈りの終わった秋の田の上を雄大に飛翔するノスリ。

稲刈りの後はスズメ、野ネズミ、バッタ、カエル、蛇 と獲物がGETしやすい環境になるようでした。

日本では北海道から四国の間で繁殖する留鳥である。寒くなると寒地や高地から低地に移動してくる途中で、稲刈り後の田や草原などで狩をするようです。

 

 

 

DSCN0918

翼が幅広く長い。そして尾が短い。翼には翼角に黒斑が大きく目立つのが特徴のワシタカ類である。

翼を浅いV字形に保って帆翔する。

千葉県印旛郡酒々井町の水田にて出会ったノスリである。

 

IMG_2257

ノスリの幼鳥でしょうか。電線にぎごちなく、それでもしっかりと止まっていました。

目が真剣です。電線の下は畑と荒地で野ネズミ、カエル、ヘビなど餌となるものを探しているようでした。

千葉県成田市にて撮影。

 

 

 

ワシタカ目/ワシタカ科のノスリです。開けた場所で餌をとります。この季節は水田や畑地で野ネズミや小鳥などを飛翔しながら見つけて餌とします。

 

 

地上の獲物を発見したのか低空で飛翔しているところです。

 

 

 

水田の用水調節用具に停まって獲物を探しているノスリです。

体長は52~57㎝、両翼を広げると122~137㎝と立派な体格

です。

 

 

こちらは農作業用の鉄パイプにとまって

獲物を探しているのか緊張の面持ちである。

 

 

 

ワシタカ目/ワシタカ科のノスリです。今春うまれの若い

個体です。太い電線にも上手に停まれます。

 

草むらのネズミ、カエル、ヘビ、昆虫などを餌にして

います。電線にとまって餌を探しているのでしょうか。

千葉県成田市にて撮影。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

4 コメント

  1. 光のプーさん

    こちらに向かって来るようですね。熊本ですか?挑発しているような・・顔つきが凛々しいですね。シャッターチャンス難しいのでしょうね。

  2. 九州出張で出会えましたが、ピントがいまいちでした。電信柱に止まっていたのですが、逃げられました。

  3. ノスリ、とんび、鷹、どの辺が違うのかな?

  4. 似てますよね。アップするために野鳥図鑑に大変お世話になっております。アップした後も悩むんですよね、宜しく。

コメントを残す