スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科のシロハラです。ツグミの仲間でウスリュー地方で繁殖して、日本には冬鳥として渡来します。雌雄ほぼ同色。アイリングは黄色。嘴は黒く、下嘴や基部は黄色。腹中央から下尾筒は名前のとおり白っぽいところがみえます。

よく茂った林が好みのようで開けた野原には少ないようです。採食は

地上の落ち葉の下からミミズや昆虫などを見つけてたべているようです。

林から平地には出てこないで生活しています。警戒心が強いのかも。

木の先にとまって「キョツ、キョツ」とか「キイチョロリー」などとさえずりながらこちらのレンズを覗いて興味津々というところです。腹部の白いのが良く観察できました。体の大きさはL:25  W:39とツグミと同じくらいです。                 千葉県四街道市にて