チドリ目/カモメ科のユリカモメです。日本には冬鳥としてユーラシア大陸から渡ってきて本州以南で越冬します。この写真は冬羽の羽装になります。頭部は白く、頬と目の上にうすく黒斑があり翼の上面は淡い青灰色で初列風切のさきが黒いのがみえます。

成鳥の嘴と脚は赤く、胸と腹部は白い。夏羽は頭部が褐色になり特徴のある顔になる。越冬期には海岸、沼、池、港、河口などに沢山集まっているのが見られ、そうしたところで小魚を食べているようです。夜は主として海上に出て海面に浮かんで過ごすようです。