コアジサシ

コアジサシが群れで飛翔。スピード感があふれています。

 title=

九十九里にて

画像

小さな群れで。コアジサシの飛翔。千葉県飯岡にて。

IMG_3736

 

 小型のアジサシの仲間。日本には夏鳥として渡来して川原や海辺で子育てをする。沢山の仲間とコロニーをつくり営巣する。巣は砂礫の地面に浅い窪みにつくる。産卵期は4~7月で通常2~3個の卵を産む。抱卵は19~22日である。

IMG_3700

コアジサシは沢山の仲間とコロニーをつくって営巣、子育てをしています。集団で見張り、敵への威嚇と群れでの行動で安全を確保しているようです。千葉県飯岡にて

IMG_1784 IMG_1783

コアジサシが漁港近くの砂浜でエサをさがしておりました。時々鰯などをくわえて

いるのが観察できました。

千葉県片外漁港で撮影。

コアジサシです。嘴の先が黒く、白い眉班で頭は黒い小型のアジサシの仲間。日本には夏鳥として渡来し、海岸の砂浜にコロニーをつくり繁殖する。 飛翔が得意なコアジサシ。こうしたポーズから素早く反転して海面に向かって飛び、小魚をゲット。

チドリ目/カモメ科のコアジサシです。黄色いくちばしの先が黒く、脚は黄色の小型のアジサシです。にほんには夏に渡来して繁殖するようです。

海岸に営巣して、子育てをしているようです。ときおり海にダイビングして

小魚をとらえていた。         千葉県飯岡の海岸にて