ハイタカ:ワシタカ目/ワシタカ科

ハイタカ

 

ワシタカ目/ワシタカ科のハイタカです。漢字で灰鷹と書きます。ハイタカのオス成鳥は頭部と背は青灰色で、胸から腹は白くて黄褐色の横班がある。頬や脇も黄褐色で、眉班は無いか、あっても細くめだたない。雌の成鳥は雄よりひと回り大きく、上面は褐色がかっている。体の下面には灰褐色の細い横班が密にみられる。頬には細い縦班がある。雌には目の上に白い眉班がある。金色の虹彩が厳しさを感じさせられます。体のおおきさはキジバトくらいで比較的小ぶりなタカ類です。このハイタカは目と目の間、嘴の上に何かに衝突したような痛々しい傷がありました。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 コメント

  1. 光のプーさん

    こんばんは!! ハイタカ・・目が鋭く睨みがきてますね。拡大すると額の模様?がまた凄みが効いていますね。タカの目と言う感じです。  21日は化血研でしたよね。金冠日食は、九州では見られなかったですか?私は自宅で見ていたのですが、曇っていて駄目でした。残念です。

  2. 光のプーさん。こんにちはハイタカは大島の動物園で撮ったストック写真です。額のキズは壁かカナアミに激突したものと考えられかわいそうな気分です。バリケンは南アメリカに野生で生息するノバリケンを家禽化したもののようです。日本にはかなり前からもちこまれ、公園などにいるようです。金冠日食は千葉で出かける前に雲間から見ましたよ。

コメントを残す