スズガモ
    ガンカモ目/ガンカモ科のスズガモです。漢字では鈴鴨と書きます。こちらはスズガモの雄です。成鳥雄の羽装は頭部から胸と尾が黒く、背は白色です。背中の白地には細かい波状の黒い班がみられます。頭は丸く光の加減で緑や紫の光沢が見られます。
   千葉県千葉市の稲毛海岸にて撮影。
スズガモ
  こちらはスズガモの雌です。雄の羽装に比べて地味で、頭部は黒褐色で、胸、背、脇は褐色です。雌では嘴の基部に白い部分が見られます。嘴は雌雄ともに灰青色です。
                   千葉県船橋市にて撮影。
画像
この季節に日本にいるのは春に帰らなかったのでしょうか。スズガモのメスです。
画像

今年はユーラシアや北米大陸に向けて北帰行しないのかスズガモが生活しています。

千葉県飯岡漁港で撮影。

画像

スズガモのペアです。波が荒い状況でもゆとりをもってあわてません。  千葉県飯岡漁港にて。

IMG_0498

スズガモのオス。背面の細かい模様が綺麗です。黒い頭に金色の虹彩です。冬鳥として毎年多数の飛来が見られる海カモです。水中にもぐってエサをとるようです。

ガンカモ目/ガンカモ科のスズガモのオスです。日本には冬鳥として渡来する海ガモで、その渡来数は他のカモ類の中で最も多いといわれております。

入り江、内湾の波のしずかな海面に大きな群れをなしている。

スズガモは水面で飛び上がるようにして勢いをつけて頭から

水中に潜り主として海底の貝類を好んでたべる。

こちらはスズガモのメスで、嘴の基部に幅の広い白色部がみられます。

この季節にはユーラシアや北米大陸の寒帯に渡り繁殖期を迎える。

千葉県飯岡漁港にて