チュウヒ:ワシタカ目/ワシタカ科

チュウヒ
ワシタカ目/ワシタカ科のチュウヒです。チュウヒは小柄のタカ類で餌にはネズミ、カエル、小鳥などが多いとされる。ユーラシア大陸の亜寒帯南部で繁殖する。日本には冬鳥として晩秋に飛来し、早春に北帰行します。
:千葉県袖ケ浦市にて撮影。
チュウヒ
木陰で潜むチュウヒ。成鳥の雄では翼下面の大部分と腹は白く顎の部分から胸に黒褐色の縦班がある。
画像
千葉県佐倉市の時代祭に鷹匠さんと参加したチュウヒさん。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 コメント

  1. 光のプーさん

    とても素敵です。顔のアップ・・目が何ともいえず惹かれます。写真に撮るの難しいのではないですか? 近くで撮れる訳ないですものね?

  2. 滅多にないチャンスに恵まれました。鋭い目はフクロウ、ミミズク、猫に似ておりますね。

コメントを残す