チュウヒ:ワシタカ目/ワシタカ科

チュウヒ
   ワシタカ目/ワシタカ科のチュウヒです。漢字では沢鵟と書きます。
チュウヒはタカ類でも小柄なほうで体長はオスで48㎝、メスでは58㎝、翼長は113~137㎝です。成鳥の虹彩は雌雄ともに黄色で目光は鋭い。餌は田畑の野ネズミ、カエル、トカゲ、ヘビそして小鳥などの動物性の生き餌を好みます。食事のために狩をするときは翼をV字形にして低空を飛びながら素早い動きで捕獲します。ユーラシア大陸の亜寒帯南部で棲息して繁殖します。日本には冬鳥として晩秋に飛来して厳冬期を日本の各地で冬越し、早春のころに北へ帰ります。
                     千葉県袖ケ浦市にて撮影。
チュウヒ
  木陰に潜むチュウヒの成鳥です。成鳥のオスは翼下面の大部分と腹は白く顎の部分から胸にかけて黒または黒褐色の縦班があります。普段は平地の草地、干拓地、農耕地、湿地のアシ原に棲息し、小動物を見つけると特徴のある飛翔で翼を浅いV字形にして素早い動きで捕食する。
                       千葉県印旛村にて撮影。
画像
千葉県佐倉市の時代祭に鷹匠さんと参加したチュウヒさん。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 コメント

  1. 光のプーさん

    とても素敵です。顔のアップ・・目が何ともいえず惹かれます。写真に撮るの難しいのではないですか? 近くで撮れる訳ないですものね?

  2. 滅多にないチャンスに恵まれました。鋭い目はフクロウ、ミミズク、猫に似ておりますね。

コメントを残す