ツグミ:スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科

ツグミ
      スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科のツグミです。漢字では鶫と書きます。ツグミの世界における分布は通常シベリア東部からカムチャッカの地域で棲息・繁殖しています。冬期になると避寒のために大群になって日本海を渡り日本国内の各地に飛来します。そして春になると北帰行します。
              今年も千葉県佐倉市の城址公園に来ました。
ツグミ
       ツグミです。「キョッ、キョッ、」と地鳴きをして木の枝に止まっています。地上で餌を食べていて慌てて枝に飛び上がったようです。
ツグミ
冬の渡りでやってきたツグミ:千葉県酒々井町にて
画像

冬の渡り鳥ツグミです。 千葉県佐倉市にて

画像

ツグミ シベリアから飛来したのでしょうか

画像

今年はいつもより遅い飛来でしたツグミ。こちらを警戒しています。

画像

ツグミはシベリア東部、カムチャッカ方面から冬鳥として渡来するよう  です。クリーム色の眉班が目立ちます。

千葉県八街市の林で撮影。

画像

ハゼの木の実、昆虫、ゴカイ、ミミズなどを餌として食べています。水田の畔で食事中のツグミです。

千葉県富里市にて。

IMG_0198

ツグミ、来参!!

冬鳥として飛来する時期が遅れていましたが、ここ2~3日の寒さとともにみられるようになりました。

クリーム色の眉斑が元気そうにみえます。

長い距離を飛んでシベリア東部やカムチャッカ方面から日本にやってくるそうです。

千葉県旭市の田んぼにて

スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科のツグミです。日本には冬鳥としてこの

季節に渡ってきます。シベリア東部、カムチャッカで繁殖し、この季節は

国内各地の平地から山地の、畑、水田、都市の公園、河原などに棲息する。

雌雄は大体同色で、頭頂から背、尾羽、尾にかけては黒褐色。翼は茶褐色

。目の上の眉班と頬、喉は淡黄白色で目先耳羽は黒褐色です。雌は雄に比

べて背や翼は褐色みが強く黒っぽくないようです。この個体は雄です。

胸、腹、脇は黒褐色で、白い羽線があるため鱗模様に見えます。大きさはL:24㎝ W:39㎝と大き目な体でこの季節には比較的よく見つかります。

千葉県佐倉市にて。

 

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

1 コメント

  1. 光のプーさん

    水面を泳ぐ鳥が多かったですが、木でさえずる小鳥もとてもかわいいですね。声が聞きたいですね

コメントを残す