コゲラ:キツツキ目/キツツキ科

コゲラ
キツツキ目/キツツキ科のコゲラです。漢字では小啄木鳥とかきます。留鳥として日本中で見られます。国内で見られるキツツキ類のなかでは一番小さい種類です。食後のコゲラは満腹になったのか休憩しているように見えました。                                                       千葉県佐倉市にて撮影。
コゲラ
コゲラの鳴き声は比較的低い声で「ギィーッ 、ギイーツ」と聞こえます。そして鳴きながら飛翔します。一年中この鳴き声は聞くことができます。木の葉が多い季節では姿は見えなくても鳴き声を追っていると樹幹を飛び移りながら移動する小柄なコゲラを見ることができます。身軽な飛び方で移動します。餌になる虫探しをしているのでしょうか。
            :        千葉県佐倉市にて撮影。
画像

クヌギ林で幹を縦横に移動して小さな餌をゲットしたコゲラです。足の指がこのように逆さにも止まれる構造なので太い枝の下部からも餌を見つけられます。ドラミングは「トットロ ,トットロ」というような軽い音が聞えます。

                   千葉県千葉市で撮影。

画像

ギイー、ギイーと鳴きながら木から木へと移動していました。

キツツキ目/キツツキ科のコゲラです。樹皮の下から虫を探し出して食べます。「ギイーギイー」と鳴きながら樹から樹へと移動しながら餌探しをしています。

黒と白の模様の背面と茶色の縦班が可愛い小さなキツツキです。漢字では小啄木鳥と書きます。コゲラのドラミングは「トロロ、トロロ」と聞こえる低く、短い音でした。

千葉県佐倉市の城址公園にて撮影。

 

キツツキ目/キツツキ科のコゲラです。黒と茶色そして白の色合いが

綺麗な羽装をしています。時々ギイーとなきながら木から木へと飛び

移って餌探しです。

餌探しの場所がきまったら脚の指を木に固定して

狙いを定めドラミングを始めます。

何かいそう?

 

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

1 コメント

  1. 光のプーさん

    チョッと憂いのある表情が・・秋から冬への移り変わりを表現しているようで何を思っているのか、気になる一枚です。

コメントを残す